海外ドラマ

面白い海外ドラマ「犯罪捜査・サスペンス」おすすめはNCIS

海外ドラマって本当に面白い、まじっハマります!おもしろすぎて寝不足の日が続いてしまいますが、一話完結だったら安心して眠れますよね~。
一話完結の犯罪・事件もののサスペンス・ドラマ「NCIS」をご紹介します。


NCIS(ネイビー犯罪捜査班)はホント、まじっおもしろいです!

現在(2019年6月)、日本ではシーズン16を放送(Fox 放送)しているみたいですが、動画配信サービスなら一気にseason14、15くらいまで観れます。

NCISが見れる動画配信サービス (2019年6月現在)
・amazon prime
・Hulu
・U-NEXT
・スカパー
・ひかりTV
       などでイッキ観できます。

 

NCIS ネイビー犯罪捜査班

ワシントンDCを拠点としアメリカ海軍に関する事件を捜査する海軍犯罪捜査局(NCIS)の活躍を描いた犯罪捜査ドラマ
2003年よりスタートして、爆発的に人気になり、8年連続全米ドラマ視聴率No.1に輝く高視聴率を記録し世界で最も視聴されるTVシリーズにも輝いた大ヒットドラマ。

日本では、現在シーズン16が放映中(Foxチャンネル 2019年6月現在) 。シーズン17も更新中だとか・・・まだまだ続きそうです!とっても楽しみです。

NCIS公式サイトより (http://paramount.nbcuni.co.jp/ncis/s9/)

 

【あらすじ、見どころ】2003年 - 更新中

NCISとは「Naval Criminal Investigative Service(海軍犯罪捜査局)」の略であり、NCISは主に海軍にまつわる犯罪を捜査する犯罪捜査のスペシャリストたちの活躍を描いているドラマです。

海兵隊の殺人事件や暗殺事件、テロリストなどのリアルな犯罪現場ですが、軽いジョークなども入り、重くなりすぎず観ていて楽しめるところが一番!笑える部分もたくさんあり、事件も解決・・・真面目なドラマなのに、コメディーも入っている感じでしょうか~。

 

 

【キャスト紹介】

なんといっても一人ひとりののキャラクターに魅力があります!とことんこだわって突き詰められて作られているようなキャラクターです。キャラクターをご紹介(みんな紹介したいのですが、中でもおもしろいキャラをご紹介)

●リロイ・ジェスロ・ギブス(マーク・ハーモン)
通称:ギブス、本作品の主人公。元海兵隊一等軍曹の凄腕捜査官でスナイパー。寡黙で、卓越したリーダーシップと人の嘘を見抜く直感、捜査における独自のルール(「ギブス・ルール」と称される)でチームを牽引し、事件を解決に導く。

 


(特徴・性格)
・カフェイン好きであり、仕事にブラックコーヒーは欠かさない。
・部下の後頭部をよく叩く(愛情表現)
・電子機器には疎い(携帯電話をよく壊す・旧式のコンピューター使用)
・4度の結婚、3回の離婚


●アンソニー・トニー・ディノッゾ(マイケル・ウェザリー)
通称:トニー、NCIS特別捜査官、チーム上級捜査官。上司のギブスによく後頭部を叩かれている。メンバーにちょっかいを出したり、イタズラしたりとやんちゃでお調子者。映画や車が大好きで捜査の度に、映画の似たシチュエーションを語るので同僚にはウザがられている。

 

(特徴・性格)
・自信家で、自分の肩書きを『“ 超 ” 特別捜査官』と呼んでいる。
・女好きで、いい女をみるとナンパせずにはいられない
・車好きなのに車の運がない。
(盗難、爆破、事故:コルベット・マスタング・キャデラック)
・ハイテクはあまり得意ではない。

 


●ジヴァ・ダヴィード (コート・デ・パブロ)
通称:ジヴァ、ギブスの部下で、もともとはモサド局長のイーライ・ダヴィードを父に持つ暗殺、尋問、スパイ活動のスペシャリスト。特に暗殺は「証拠も残さず殺害ができる」と自他ともに認めており、拳銃・狙撃銃を問わず銃の腕も極めて高く、格闘戦やナイフの扱いも得意。

 

(特徴・性格)
・語学に堪能で、ヘブライ語、英語、スペイン語、アラビア語、トルコ語、フランス語を話せる。
時々天然が入り、言葉を間違えたり、とっても可愛い部分がある。
・車の運転は荒く、交通違反は日常茶飯事
・睡眠中のいびきが煩い!(きれいで可愛いジヴァから想像できない)

 


●アビゲイル・アビー・シュート(ポリー・ペレット)
通称:アビー、ゴス系ファッションの科学捜査官。仕事はとても優秀でDNAから指紋鑑定・あらゆる分析をこなす。コンピューターを使った分析も超優秀!
刺青を入れていたり、棺の中で眠るかなりの変わり者でが、仲間への思いは強くハグが大好き!

 

(特徴・性格)
・カフェイン好きで、カフ-パウ(Caf-Pow!)という炭酸飲料を常飲
・職場にはカバのぬいぐるみ(バート)がある。(可愛い?音がする!)
・どんな些細な証拠や手がかりも逃さず、仕事は超一流科学捜査官
・仕事中は音楽をかけてテンションをあげている。
・読唇術と手話が使える。


●ドナルド・ダッキー・マラード(デヴィット・マッカラム)
通称:ダッキー、経験豊富で優秀なNCISの検視官。博識で豊富な雑学があり、仕事中でも話題に関した薀蓄を熱く語り止まらなくなり、会話を一方的に切られることがある。解剖する遺体を人間として扱い、話しかけながら仕事をしている。

 

(特徴・性格)
・ギブスとは10年来の友人で、彼を「ジェスロ」と呼べる数少ない人物
・話がよく脱線する。
・シーズン4から心理学の学位を取得し、犯罪者のプロファイリングをしている
・愛車はマニュアル車のモーガン(イギリスを代表するスポーツカー)


※キャスト写真 
出典元:http://paramount.nbcuni.co.jp/ncis/s6/index.html


NCIS~ネイビー犯罪捜査班はワシントンD.C.が舞台です。
本当にアメリカにはNCISはあります!NCIS本部は中心地から外れたワシントン・ネイビーヤードと呼ばれるアナコスティア川の辺りにあります。
こちらにグーグル・マップをいれておきます。
NCISファンとしては是非行ってみたい場所です。

 

 

かっこいい~ですね。ワシントンに行く機会があったら行きたい場所!
もちろんギブス、トニー、ジバァ…いないけど、実際のNCIS本部見てみたいです。

たくさんある海外ドラマの中でも、NCISはやっぱりおもしろい!

事件はありきたりのものも多いですが、おもしろいのは個性あふれる捜査班のメンバーが定着していることだと思います。

部下思いだけど怖いボス・ギブスと、やんちゃでおもしろいディノッゾ、薀蓄を毎回語るダッキー、そして、ボスからご褒美(カフ-パウ)をもらって超一流の科学捜査をするアビー、ちょっと頼りないけどコンピュータ分析には超一流なマクギー、そして、尋問・暗殺のスペシャリストなのに言葉をよく間違え天然が入るジヴァ、ご紹介できなかったけどパーマ君も超おもしろい・・・。他にもたくさんのキャストのキャラクターが素晴らしいです。
みんなハマリ役ですね。

一話完結なので安心してゆっくり見れます。

もっといろいろご紹介できたらと思ったのですが、長くなってしまったので次回また犯罪捜査のオススメの海外ドラマをご紹介します。

犯罪捜査でおもしろいドラマはまだまだ、いっぱいあります~。

ララはNCISを2回目観ています~1回目より2回目のほうが面白さが倍増です。
何回も見ますよ~そしてすきなドラマはDVDまで買ってしまいます。

   海外ドラマは最高の娯楽で息抜きです!

 

2021年5月 追記
シーズン15でトニーが降板してからやはりあまり観る気にならなくなりました。そして、アビーも降板・・・ですが、シーズン17でジヴァが再出演をしてまた見ていますが、シーズン18はどうなることやら。。。
やはり、トニーとジヴァのコンビが本当に面白かったです。また2人出演してくれないですかね~そしたらシーズンもっと伸びるのではないでしょうか。ギブスだけではやはり物足りない感じです。

スポンサーリンク

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。