ニュース

ウィルスミス、アカデミー賞授賞式でブチ切れ。デンゼル・ワシントンからのメッセージが感動です。

第94回アカデミー賞授賞式(2022年3月27日)で、あの名優ウィルスミスがブチ切れて、プレゼンターのクリス・ロックに壇上でビンタをくらわせるという史上稀な生放送でビックリするような放送事故が起きました。

このニュースはたちまちSNSなどで拡散され、世界中を驚かせました・・・

 

 

 

●ウィルスミスがなぜ?

 

きっかけはコメディアンのクリス・ロックが授賞式のプレゼンターとして登場し、ウィル・スミスの妻ジェイダ・ピンケット・スミスをジョークのネタにしたことから始まった・・・

「ジェイダ、愛しているよ。『G.I.ジェーン2』で君を見るのが待ちきれない」とジョークを飛ばした。

『G.I.ジェーン』(1997)は坊主頭の女性戦士が戦うアクション映画で、クリスは、ジェイダが頭髪を刈っている姿を見て、咄嗟にジョークを差し込んだのだろうが・・・。


ジェイダは脱毛症に悩まされており、そのために髪を刈っていた。それまで笑っていたジェイダの表情はたちまち曇り、ウィルスミスがクリスのジョークに腹を立ててブチ切れて平手打ちし、その後放送禁止用語を連発し、アメリカではテレビ中継が一時止まる騒ぎとなりました。

 

 

ウィルスミスがビンタする衝撃映像はこちら⇓

 

 

映画「G.I.ジェーン」でデミムーアが丸刈りにしたのは役作りのためですが、ウィル・スミスの妻ジェイダが丸刈りにしているのは悩んでいる病気が理由・・・
最初はウィル・スミスも笑って我慢していたみたいですが、隣に座っている妻ジェイダさんが暗い表情をしたのを見て、怒りが爆発したようです。


ただ、この映画は名作なのでデミ・ムーアのように丸刈りもカッコいいよと~と言うクリスロックの単なるジョークのつもりだったと思いますが、本人もビンタされた後なんか放心状態のような感じでした・・・

一般に丸刈りにした理由は知られておらず、クリスロック氏もたぶん病気のことは知らず、悪気はなかったようですね~ウィルのリアクションに会場は唖然となりました。

 

●世界の反応

 

世界の反応は様々で依然として世界中からの関心が高く話題を呼んでいます。そんな状況ですが日米の温度差が気になります。
アメリカではウィル・スミスに対して厳しい批判がでています。アメリカでは暴力はいけない、正当防衛でない限り、誰かを殴るのは容認することができない・・・
逮捕されないのはおかしい!ビンタされたロックは訴えたほうがいい・・・
など、どちらかというと暴力は絶対にダメ。いかなる暴力も容認しない・・・ウィル・スミスに対して厳しい批判がでています。

 

一方日本では、妻の名誉を守ろうとしたウィル・スミスに対して
・日本ではウィル・スミスがカッコいい~
・ビンタを責めるなら侮辱も同じ攻めるべき
・暴力はいけないが妻を守った姿は間違っていない

日本とアメリカでは反応が違いますね!

 

●主演男優賞受賞に涙のスピーチ

ウィル・スミスの感動スピーチはこちらです。

動画はこちら⇓

 

■ウィル・スミス 主演男優賞受賞スピーチ全文

リチャード・ウィリアムズは、家族を守るために猛烈な力を発揮しました。

人生のこのタイミングで、この瞬間、神が私にこの世界に存在し、役割を与えてくれたことに圧倒されています。

この映画を作ることで、私はいままで出会った人のなかで最も強く、最も繊細な一人であるアーンジャニュー・エリスを守ることができました。

ビーナスとセリーナを演じたサナイア(・シドニー)とデミ(・シングルトン)を守ることができました。

私は、人を愛し、人を守り、仲間を守る大河となることを求められているのです。

この仕事では、罵声を浴びせることも、他人から変な噂を立てられることも、我慢しなければならなりません。

自分を見下す奴らがいても、笑って、平気なフリをしなくてはいけません。

でもリチャード・ウィリアムズは…。D、ありがとう。デンゼル(・ワシントン)が数分前に言ったんです。

人生の最高の瞬間には、悪魔がやってくるから気を付けろ、と。

 

●公式に謝罪

 

第94回アカデミー賞授賞式での壇上で、コメディアンのクリス・ロック氏を平手打ちした俳優のウィル・スミス氏が3月28日、謝罪文を公表した。

公式謝罪を投稿。「愛と優しさの世界には、暴力が存在する場はありません」とつづりました

 

「どんな形の暴力も有害であり、相手を傷つけます。 昨夜のアカデミー賞での私の行動は許容できず、言い訳できないものでした。自分をネタにしたジョークは私にとっては仕事のうちですが、ジェイダの病状をネタにする冗談に耐えられず、感情的に反応してしまいました」

クリス、あなたに公式に謝罪します。 私の行動は不適切で間違っていました。」 自分のしたことが恥ずかしく、また自分がなりたい人間にふさわしいものではありませんでした。

愛と優しさの世界には、暴力が存在する場はありません

「私の行動で、私たち全員にとって素晴らしい場所を汚してしまったことを深く後悔しています。もっと改善していきます」とつづった。

 

 

●伝説になりました

アカデミー賞という名誉ある授賞式での衝撃的なワンシーンはすぐに伝説になりました。それだけ注目されている事件です!

★ウィルスミスのビンタ人形が発売されました。

ビンタ人形

★伝説の瞬間をタトゥーに

なんか笑えます!

 

 

●デンゼル・ワシントンからのメッセージ

騒動の後、ウィルスミスに声をかけた俳優

アカデミー賞みたいな大きな舞台は普通の人にはありませんが、誰しも感情で行動してしまいどうしていいかわからない場面って経験すると思うんですね~

どうしていいかわからない時・・・そんな時に声をかけてくれた仲間はウィル・スミスにとって本当の友人でしょう。

デンゼル・ワシントンはカッコいい!

平手打ちの騒動のあとにある「助言」をもらっていたことを明かした。

 

ありがとう、ディー。デンゼルからさっき言われました。

『最高の瞬間に悪魔は囁く。その誘いに負けてはならない』と。

 

 

デンゼル・ワシントンは良い役者です

その後の、気まずい雰囲気の会場をエイミーシューマーが和ます。

エイミーシューマーさんはとっても素敵なコメディアンで役者さんですね。この場を明るい笑いに変えました。これにはウィル・スミスもきっと感謝していますね~

この方が最初にプレゼンターだったらよかったのに!

 

 

 

●最後に

 

第94回のアカデミー賞はウィル・スミスの平手打ちで盛り上がりました・・・はっきり言って、クリス・ロックのジョークは全然面白くないと思います。あの場面で悔しいけどウィル・スミスがグッとこらえていたら、1分後にはしらけている状況でそのまま何もなかったでしょー

 

ただ、「愛する女性が『自分の気にしている事を言われて』で気持ちをこらえているのを見たとき、ウィル・スミスは彼女の痛みを感じたんです~

男性の魂に何が起こるのか、女性なら本当に嬉しい事ですよね~ウィル・スミスは立派だと思いました・・・

行為は許されことでは無いが、ここで冷静で無感情な人間より、人間味のあるウィルスミスの行動は、個人的には熱いものを感じました。

 

 

アカデミー賞という名誉ある授賞式

これがジョーク?と言うようなプレゼンター

 

感動のスピーチ~デンゼル・ワシントンからのメッセージ

 

ウィル・スミスも一人の人間だった。

愛する人を守った!

なんかすべて台本になっていたような・・・

 

そんなドラマをみたような気がします。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。