絶景

あしかがフラワーパーク、世界一の「フジの花」。美しい幻想的な世界!

甘い香りと優雅な薄紫色に垂れ下がる日本古来の美しい花「フジの花」がちょうど(4月下旬~5月中旬)、見頃になっています。
世界一の見事なフジの花~夢の旅行先「あしかがフラワーパーク」に出掛けましょう~!

♪あしかがフラワーパーク
藤の見頃は4月下旬~5月中旬、桜色のうす紅藤薄紫色の大藤白色の美しいシロ藤黄色が眩しいきばな藤(キングサリ)。この順番に藤の花が咲き、約一ヶ月お花が見頃になっています。

2014年にはCNNのトラベルスタッフが選出した「2014年の世界の夢の旅行先10カ所」にあしかがフラワーパークの藤の花が選ばれています。
また樹齢150年の大藤は栃木県指定天然記念物です。


フジのお花について

原産地:日本、北アメリカ、東アジア

開花時期:4月下旬~5月

花色:白、ピンク、紫
※きばな藤は藤とは別属で原産地はヨーロッパ南部
 英名はゴールデンチェーン(golden chain)

花言葉:優しい、歓迎、恋に酔う、忠実・・・
色によってもいろいろ花言葉があるらしいです。写真から藤のいい香りが漂ってきそうです・・・。

地図で見ると場所はココです!

 

あしかがフラワーパークに行く!

所在地:〒329-4216 栃木県足利市迫間町607

時間 :7:00~18:00(ライトアップ時は21:00まで)
【2019年は4/18(木)~5/19(日)ライトアップ開催予定】

料金 :ふじのはな物語4/13(土)~5/19(日)
大人900円~1,800円 / 子供500円~900円
(※入園料は開花状況により変動)

アクセス
●公共機関の場合
・JR両毛線 あしかがフラワーパーク駅から徒歩で4分

●お車の場合
・東北道佐野藤岡ICから車で30分

★バスのツアーもあります。
公共機関の鉄道を利用すると乗継もなかなか手間がかかります。
人気のバスツアーが断然ラクです。

 

四季折々の花が咲いています。

1月中旬~2月下旬 (ボタン・梅・ロウバイ)

 

3月上旬~4月中旬 (チューリップ・雪柳・さくら)

 

4月中旬~5月中旬 (藤・つつじ・シャクナゲ)

 

5月中旬~6月上旬 (バラ・シャクナゲ・クレマチス)

 

6月  (あじさい・あやめ・遅咲きクレマチス)

 

7月上旬~9月下旬 (スイレン・さるすべり・ランタナ)

 

10月~11月下旬 (アメジストセージ・バラ・ランタナ・スイレン)

 

10月末~2月上旬 (光の花の庭)
イルミネーションで彩られ美しい幻想的なファンタジーの世界を楽しめます。

日本の花名所、あしかがフラワーパーク。一度は行ってみたい絶景として世界からも注目を集めています。四季折々の美しいお花の癒やし空間は何度でも行きたくなるほどです。

美しく幻想的なフジのカーテンを見に行こう!!

オススメは、やっぱり世界一の「藤の花」

「絶景に行こう!」様より許可を頂いて写真を掲載しています。
こちらのサイトは本当に素晴らしい写真がたくさんあります!絶景を見に行きたくなります。(「絶景に行こう」サイトURL: http://zekkeigogo.com/)

映像で見るあしかがフラワーパーク

世界一の「藤の花」見ていただきましたか~。
映像と写真を見ているだけですぐにでも行きたくなりますが、もうそろそろ見頃が終わる頃です・・・行きたいお花の絶景リストに入れておいて下さいね。
フジの咲く時期は混雑していますので、できれば早朝や夕方を狙っていくといいみたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。